・作家紹介/Artist Information

作家紹介目次へ戻る

宮島永太良/Miyajima Eitaro

【作者の言葉】
 心象風景と言う言葉がある。便利な言葉だなと思う。僕たちはみな、同じ風景を同じようには見ていない。人それぞれの意識によって、違ったように見ている。そこにあるのは景色だけではなく、音、香り、暖かい風、冷たい風、過去の記憶、未来の展望・・・・・・
 僕の見た心象風景は、色と形の詰め合わせになって、素材の上に甦る。色が光によって変わるのなら、固有色なんてないことになるけれど、何でこれがこの色なのかと問われた時、心象風景でそう見えた、と答えればいい。形が時とともに変わるのなら、固定系なんてないことになるけれど、なんでこれがこの形なのかと問われた時、心象風景でそう見えた、と答えればいい。本当に便利な言葉だ。
 色と形の詰め合わせは、細部に凝縮されることもあるし、リズムとして飛び散って行くこともある。「抽象・具象」「平面・立体」などと最初から分けられているように言われるけれど、それはむしろ結果でしかないだろう。
 僕の作ったものから、皆さんそれぞれの心象風景を作ってもらって、作品で語る対話を楽しめたらと思います。

【宮島弘光プロフィール】
1965   神奈川県小田原市生まれ。
      和光大学人文学部、早稲田大学第二文学部卒業。
      美学校細密画教場修了

[これまでの出品活動]
1991   五感展(多摩市民ギャラリー)
1992   プラス5マイナス展(多摩市民ギャラリー)
1995   細密画展[(ギャラリー代々木)
1996   細密画展\(ギャラリー国領)
1997   細密画展X(ギャラリーくぼ)
      怪獣ミュージアム(川崎市民ミュージアム)一般公募の部
1998   細密画展XI(アートギャラリーADLIB)
      crosstalk転異I(渋谷SPACE EDGE)一般公募の部
      SHIBAアートを休ませてたまるか展だII(ギャラリーSHIBAアート)
      SHIBAアートを休ませてたまるか展だIII(ギャラリーSHIBAアート)
1999   第3回偕展(ギャラリーSHIBAアート)
      黒の圏内〜十様の●点▲線■面(ギャラリー・ゴトウ)
      個展(ギャラリー代々木)
      細密画展]U(アートギャラリーADLIB)
      百人町1-22-26展(ギャラリーSHIBAアート)
      PEACE CARD 1999(グリーティング・スクエア)
      KOREA+JAALA・ソウル展(ソウル市立美術館)
      ReMix!展(原宿ギャラリー)
2000   第1回NAU21世紀美術連立プレ展(東京都美術館)
      個展(ギャラリー代々木)
      個展(ギャラリーゴトウ)
      黒雪姫と七人のrun乱展(中野タナベ画廊)
      第23回あらまた展(飛鳥画廊)
      JAALA12回展(東京都美術館)

【純真な瞳】大村伸子(ゾシュア・アートマネージメント代表)
 世に存在している多くの物は、色と形を持っている。芸術作品はそれに+(プラス)作家のイマジンが吹き込まれることで、観る人の心に訴え、アートとしての力を発揮する。
 宮島弘光の作品から私が得たイマジンは、純粋ななにか、嘘の無い純真な瞳である。今回の展覧会ではテクニック(見る部分)、そしてその奥にある心を通じて、彼の感性から新しいイマジンを得ていただければと思う。

作家紹介目次へ戻る