・展覧会案内/Exhibition Information

作家紹介目次へ戻る

山本和香子/Wakako Yamamoto

画像をクリックするとそれぞれ大きな画像で見ることができます

和紙をキャンバスに張り付け
44X33

WAKAKO
WAKAKOは1982年以来ジャンヌ・デ・ヴッシェ画廊に所属している。
パリにあるこの画廊は1925年に作られ、
世界の芸術界の中で独自な場を占めている。
ジャンヌ・デ・ヴッシェ画廊からは、かつてマックス・エルンスト、
ボーシャン、カンジンスキー、モンドリアンはじめ多くの画家を輩出し、
現在、ドュビュフェ、ニコラ・ド・スタール、トベイ、ビシェール
あるいはヴィアラ・ダ・シルバ、アスジェール・ジョルン
などもこの画廊で活躍する作家である。

山本和香子
茨城県生まれ
1971 渡欧 現在パリ在住27年
出身校:パリ国立美術大学油彩科卒業

個展
1984,88,90,96,98:ギャラリィ・ジャンヌ、ブッシェ(パリ)
1984,93,96,99:ギャラリィ・中村(京都)
1985,88:ドニーズ、カデ・ギャラリィ(ニューヨーク)
1987:鎌倉画廊(東京)
1989:アリス・ポリ・ギャラリィ(スイス)
1991,95,97:ギャラリィ・空間(静岡)
1992:ギャラリィ・とあーる(福岡)
1993:有楽町マリオン朝日ギャラリィ(東京)
1995:村松画廊(東京)
1996:ホテルクリオン(パリ)
1996:ギャラリィ山根(東京)
2000:ギャラリーゴトウ(東京)
主なグループ展
1979〜86:レァリテ・ヌーベル展招待出品(パリ)
1985:グループ「夏の会」(埼玉県立近代美術館)
1985:日本人画家12人展(ボンテワース・フランス)
1987:グループ展(サラウス・スペイン)
1988,95,97:FIAC出品(パリ)
1989:「日本現代美術展−祝福された絵画」毎日新聞社企画
    東京都美術館/京都市美術館/高松市美術館
    船橋西武美術館/北九州市美術館/広島市現代美術館
1992:「L'ART ACTIF,ART WARKS」展
ピーター・スチーブンソン ファンデーション(パリ)
1997:「日本年展」招待出展ウラジミール オルムソン市文化センター
   (フランス)「日本アーティスト3人展」パレ・デ・コングレ
   (ル・マン市フランス)

買い上げ
1981:フランス政府 油彩画60号
1988:ヴヴリィ市役所 油彩画130x230cm(スイス)
1988:ピーター・スチーブンソン ファンデーション
    油彩画120号(オランダ)

作家紹介目次へ戻る